雨の日はランニング、

「還暦過ぎてもまだまだ走るよ」と青豆おばさんは言っています。

【レポ】桜前線とともに気持ちよく〜イーハトーブ花巻ハーフマラソン

f:id:miumiu3432:20190422051003j:plain

4/21(日)は全国的に気温が上昇し、マラソンには少々暑い気候でしたね。

 

長野マラソン、チャレンジ富士五湖、東丹沢宮ヶ瀬トレイル、毛呂山トレイル等々... 参加された皆さまお疲れ様でした。

 

一方、青豆は第7回イーハトーブ花巻ハーフマラソン大会へ。

 

桜前線ととともに北上(ほくじょう) 

花巻入りの前に、前日は東京から北上(きたかみ)で途中下車。北上展勝地の桜は5分咲きといったところでした。

f:id:miumiu3432:20190422103147j:image

滔々と流れる北上川と澄み切った青空と桜のコントラストが見事です。

f:id:miumiu3432:20190422103207j:image

観光客もそれほど多くなく、桜を堪能しました。ちょっと風が冷たかった。

その後、花巻まで車で移動したのですが、北上から花巻、わずか10kmほど北上(ほくじょう)しただけなのに桜が全然咲いていませんでした。

参加賞を前日受け取りに行ったレース会場。桜はこんな感じでした↓せいぜい2分咲きといったところ?

f:id:miumiu3432:20190422103231j:image

ほとんどつぼみ。

冷たい風にぎゅっとなったこのつぼみが、翌日のレース当日で一気に花開くことになります。

 

そもそもなぜ花巻ハーフに出走したのか?

その理由と経緯は、

  1. 昨秋の恒例東北旅マラソン(夫が盛岡赴任中なので毎年企画するんです)が中止になった(いわて北上マラソンが台風のため中止になった)ため、今春に計画。
  2. 仙台国際ハーフがよさそうだと計画→エントリー(12月)
  3. 夫、出遅れる。抽選に応募するが落選(1月)
  4. 4月のイーハトーブ花巻ハーフマラソンを奨める。二人でエントリー(1月)
  5. この時点で青豆はダブルエントリー(仙台のエントリー費は支払い済み)
  6. 夫婦で花巻に出走(温泉マラソン旅)

1月の時点では5月の仙台しか頭になかったので、花巻はいわば「瓢箪から駒」的な位置付けでした。もちろん以前から出たい大会の一つでした。だって、知る人ぞ知る穴場っぽいレースだし、あわよくば入賞を狙えなくもないし。

しかし、こんな青豆の腹黒い欲望を裏切るかの結末が待ち受けていました。

 

はてブロ仲間でご一緒できた楽しいレース

花巻は当日スタート時8:50で摂氏8.9度。暑くもなく寒くもなく、風もなく、文句なしに良好な気象条件でした。ただ、ハーフだから助かったものの、午後には気温がぐんぐん上昇。桜が満開になり、風景が一変したほどです。

スタート前にMacさんとシューズ撮影(二人なので円陣とは言えない)。Macさんとは去年の東京マラソンですれ違った程度。ほとんど初対面と言ってもいいくらいです。なのに、これが不気味なほど緊張しません。まるで旧知の友か同級生か、というふうでした(実際同い年なんですけど)。

Macさんとはゴール後もお会いできて(なにしろこじんまりした大会だし)、一緒に芝生でのんびり抽選会を待っていたところへジャスミンさんが登場。どこの美ジョガーさんかと思いました。

せっかく3人で気分よく歓談していたのに夫が「出発するぞ」と催促の電話をかけてきて、途中退席を余儀なくされました。まったくもって失礼いたしました。その後のジャスミンさん幸運事件に立ち会えなかったのが残念でなりません。(詳しくはジャスミンさんMacさんの記事で)

Macさん、ジャスミンさん、楽しいひとときをありがとうございました。

f:id:miumiu3432:20190422164853j:image

 

異変が起きた今年のイーハトーブ

悔しかったのは、入賞を逃したことです。

タイムはネットで1:56:11。種目別(女子60歳以上)順位は9位。え?9位?

遅くとも5位には入っているだろうとうぬぼれていた青豆、思わず完走証を二度見しました。

ちなみに昨年の当大会女子60歳以上のタイムは

  1. 1:52:19
  2. 1:54:22
  3. 2:02:40

つまり、およそ1:55あたりでハーフを走れる青豆、3位入賞は十分狙える位置にありました。調べると2年前、3年前にさかのぼるほどタイムは遅い。「あわよくば」と考えるのも無理からぬ話です。

ところが、今年のイーハトーブには異変が起きていました。

  • まず、参加人数が激増していたこと。全体で200名オーバーだったそうです。あとで知りましたが、女子60歳以上の部でさえ参加人数が1.5倍増(それでも少ないですけど)。激増の理由を、花巻東高校が有名になった(大谷君とか雄星君とか)からだと夫は申しておりましたが、そうなんでしょうか?
  • 今年60になった高速女子が数名?参入したこと。入賞者1位から3位まで1:45台。これは太刀打ちできません。完敗です。あとで参加者名簿を見たら、3人とも去年50代の部に出走して入賞していた方たちでした。

イーハトーブを甘く見ていた青豆、肩を落としてわんこ蕎麦をすすり食べました。

 

鍛錬不足を痛感した甘くないコース

甘くないと言えば、コースも甘くありませんでした。

 

f:id:miumiu3432:20190422103442j:image

高低差はこんな感じで、そこそこアップダウンがあります。後半は往復で下り基調なので、前半を上手に走ってうまくスピードに乗せれば記録が出るコース。(言うは易し)

返す返す悔しいです。目の前を60歳以上女子が3人ほど走っているのがわかっていたんですが(背中にもナンバーカード装着、ナンバーで年代がわかる仕組み)、彼女たちに最後まで追いつけなかった。鍛錬不足を痛感したレースでした。

コースは青豆好みの田園地帯。遠くに春の雪を残した連峰をのぞむ気持ちの良いコースでした。

f:id:miumiu3432:20190422045916p:plain

f:id:miumiu3432:20190422045940p:plain

 

実際の田園ランはこちら↓

www.relive.cc

 

岩手のマラソン大会出走は、今回で3大会目を数えます。

  1. 遠野じんぎすかんマラソン10km(2016)
  2. 啄木の里ふれあいマラソン10km(2017)
  3. いわて北上マラソン2018フル(台風で中止)
  4. イーハトーブ花巻ハーフマラソン(2019)

花巻は比較的新しい大会ですが、全体がゆったりと流れていて、優しい雰囲気の良い大会でした。(Macさんとジャスミンさんと一緒だったせいかな)

今年は秋の「いわて盛岡シティマラソン」も控えています。盛りだくさん!

 

その前に、来月の仙台国際です。

ご一緒される皆さんとお会いできるのを楽しみにしています。

(走れるのかしらw)

にほんブログ村 その他スポーツブログ 女性ランナーへにほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ