雨の日はランニング、

「還暦過ぎてもまだまだ走るよ」と青豆おばさんは言っています。

【レポ】第7回古河はなももマラソン《DNF》速報

f:id:miumiu3432:20190311071016j:image 

昨日3/10、名古屋ウィメンズ、名古屋シティ、古河はなもも等、レース参加の皆さん、お疲れさまでした。

古河はなもも参加の青豆、結果はDNFでした。

理由をひとことで言えば「調整不足」かな。フル10走目とまだ経験不足ですが、これ以上走れないと足が止まったのは初めてです。一晩経って思うと、不調な時は不調なりに走れるという思い上がりが仇になったのかもしれません。

f:id:miumiu3432:20190311070958j:image

JR野木駅。行きは東京から新幹線で小山まで。折り返して野木からシャトルバスで会場に向かいました。

会場入り口はすでに気温上昇中の「悲しいほどお天気」。すごくきれいな青空でしたが敢えて気分はモノトーン。

スタート時点10時で気温は12度近く、午後には18度まで上昇するという予報。更衣室で会ったバンビさんと「暑くなりそうだから、脱水には気をつけなくちゃね」と言い合いました。はてブロ集合場所では、例のバイザーを被ったbirdさんが「今日は暑いよ」とおいやんさんに心配されていました。

そして、バンビさん、birdさん、そして青豆も其々何らかの理由でまさかのDNFという結果に…。

f:id:miumiu3432:20190311071041j:imagef:id:miumiu3432:20190311074219j:image

はてブロチーム。向かって左からbirdさん、Nさん、青豆、おいやんさん。バンビさんとは更衣室で会えましたが、結集場所には間に合わず。

 
DNFのもう一つの理由? 

ハーフを過ぎたあたりでDNFを決意し、路肩を収容バスまでトボトボ歩いていると、「15kmでリタイアした」という同年代の女性が追いついてきました。そして話の流れで、先週の東京マラソンでともにボランティア(彼女は銀座付近で審判員)をやったことが判明。この不調はそのせいではないか、という推論が一致しました。

彼女と二人で至った「自分勝手な」結論言い訳は以下の通りです。

  • 当日の雨と寒さで体がこわばってしまった。(背中や肩のコリが取れないなど、「走ったのではない」芯の疲れが残ってしまった)
  • レース1週間前に調整ランができなかった。(少しは刺激を入れておくべきだった)
  • 2週間の間隔があればどうにかなったかもしれない。(調整を含めて、芯の疲れもとれたかもしれない)

おかげでずいぶん気が楽になりました(笑)。運命的な出会いにわけもなく感謝です。

ハーフ地点の救護所と収容バスを待つ行列は途切れることがなさそうだったし、それでなくとも昨日のはなももはDNF続出だったようです。現地で偶然会ったラン友もハーフでDNFだった。

 

あのタフな勝田ですら最後まで走れたのに。

気象条件をわかっていながら序盤から攻めたのが一番の敗因かなとは思うけれど、悔いはありません。

ここから出直します。

 

 

f:id:miumiu3432:20190311071103j:image

これでも攻めた(笑